SDGsとは

SDGsについて

持続可能な開発目標(SDGs)について

sdgs,un,sustainable,development,goals

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。


持続可能な開発目標(SDGs)の特徴について

持続可能な開発目標(SDGs)には以下の5つの特徴があります。
1.普遍性 先進国を含め、全ての国が行動
2.包摂性 人間の安全保障の理念を反映し「誰一人取り残さない」
3.参画型 全てのステークホルダー((政府・企業・NGO・有識者等))が役割を
4.統合性 社会・経済・環境は不可分であり、統合的に取り組む
5.透明性 モニタリング指標を定め、定期的にフォローアップ

持続可能な開発目標(SDGs)の17の目標について

持続可能な開発目標(SDGs)は以下17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

貧困をなくそう あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
飢餓をゼロに 飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する
すべての人に健康と福祉を あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
質の高い教育をみんなに すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
ジェンダー平等を実現しよう ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る
安全な水とトイレをみんなに すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネ ルギーへのアクセスを確保する
働きがいも経済成長も すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

産業と技術革新の
基盤をつくろう

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る
人や国の不平等をなくそう 国内および国家間の格差を是正する
住み続けられるまちづくりを 都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする
つくる責任 つかう責任 持続可能な消費と生産のパターンを確保する
気候変動に具体的な対策を 気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
海の豊かさを守ろう 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する
陸の豊かさも守ろう 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る
平和と公正をすべての人に 持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する
パートナーシップで目標を達成しよう 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する