相続

内縁の夫(妻)は不安がいっぱい

昨今は家族の形も多様化しており、一見夫婦のように見えても、実は籍を入れていない、そんなご家族を目にするようになりました。

内縁であっても何十年も一緒に暮らしていれば事実婚と認められ、権利・義務も籍を入れている状態と同じになるんじゃないの?

確かに、色々な場面でこれらの関係は同一と考えられることがあります。

でも、相続においては実際の夫婦関係と、内縁の夫婦関係では権利も義務も大きく変わってきますので注意が必要です。

内縁関係の定義

まずは内縁関係の定義についてみていきたいと思います。

法律上、残念ながら内縁関係には明確な定義がありませんが、一般的に婚姻に準ずる関係のことを呼びます。

婚姻に準ずる関係ですので、当然両者未婚であることが前提となり、愛人(不倫)は内縁関係と認められることはありません。

たまに何年一緒に暮らせば内縁関係と認められますか?

との質問をいただきますが、これもまた明確な定義はありません。

お互いが籍は入れないけれど、夫婦として暮らし始めた時点で内縁関係の始まりとなります。

相続における内縁者の権利

内縁の夫(妻)が亡くなった場合、残された夫(妻)は遺産を相続できるのでしょうか?

結論から申し上げますと相続することはできません。

残念ながら、現在の法律では内縁の夫(妻)は自動的に相続人にはなれないとなっています。

しかしながら、何年も夫婦同然に生活してきたにもかかわらず、何も相続できなとなると残された夫(妻)はそれ以降の生活に支障をきたしてしまいます。

ではどうすればいいのでしょうか?

遺言書を書く

亡くなった方に配偶者・子供・両親・兄弟姉妹等の相続人がいなければ、特別縁故者になることで相続を受けることができます。

しかしながら、特別縁故者になるためには、家庭裁判所への特別縁故者の申立てが必要となりますし、申立てを行っても家庭裁判所が認めなければ特別縁故者にはなれません。

そこで登場するのが遺言書です。

遺言書があれば、内縁の夫(妻)のような相続人以外の第三者であっても、相続財産を受け取る人物として指定すれば、遺留分を除いて相続を受けることができます。

いざという時のために、生前に相続についてしっかりと話し合いを行い、遺言書を作成してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

*