相続

相続人になれる人、相続人になれない人

相続の話をすると、父親も母親も既に他界しているし、子どももいないので、自分には全く関係ないと仰られる方が結構います。

本当でしょうか。

このようなケースでも今後あなたが相続人(遺産を受け取る権利がある人)になる可能性は十分あります。

本日はこの疑問を解決するために相続人について簡単にお話ししたいと思います。

相続人について知ろう

早速ですが皆さんは相続人になれる人、相続人になれない人(相続人の範囲)をご存知でしょうか。

まず、亡くなった方に配偶者(夫・妻)がいれば、配偶者は必ず相続人になります。ただし、この配偶者は、法律上の婚姻関係にあるものだけをいいますので、いわゆる内縁関係にある配偶者は相続人にはなりません。また、配偶者であっても、相続発生時に離婚をしてしまっている方も同じく相続人にはなりません。

では配偶者以外の方で相続人になれる方は誰でしょうか。

配偶者以外の人については、以下の順位に従って相続人になることができます。

相続人の順位

①子(第一順位)

②直系尊属(第二順位)

③兄弟姉妹(第三順位)

第○順位とありますが、相続は順位に従って行われますので、仮に、第一順位の者(子)が相続をするときには、その後の順位である直系尊属・兄弟姉妹が相続をすることはありません。

相続人に子と直系尊属、子と兄弟姉妹、直系尊属と兄弟姉妹が同時になることはないということです。

ケーススタディ

さてここで冒頭の疑問に答えたいと思います。

既に両親を亡くしてしまっているAさん、果たして今後相続人になる可能性があるのでしょうか。

もちろん可能性はありますよね。

もしAさんに兄弟姉妹がいて、その方が亡くなり、第一順位、第二順位に属する相続人がいなければ、第三順位であるAさんが相続人になるわけです。

常日頃から相続について考える必要はありません(むしろ考えている人がいたら少し怖いですよね)が、万が一の時、自分がどういう立場になるのかということは頭に入れておいてくださいね。

何たって相続は資産だけでなく、借金のような負債も引き継ぐことになりますので・・・

コメントを残す

*